toggle
2020-10-21

「仲介手数料って高すぎませんか?」ってお話。

不動産を購入する際に「仲介手数料」って言葉が出てくると思います。

「売主につき仲介手数料不要」とか「仲介手数料50%OFF」とか不動産広告を見る際にご覧になられた方もいらっしゃると思います。

私たちの会社でも「仲介手数料無料のお住まい探し」という形でお客様にご提案させて頂くのですが、この「仲介手数料無料」のご提案をお客様にサイト上でお伝えするのって凄く難しく、私もこのページで書いてみたものの、なんかしっくりこなくて、こうして少し肩の力を抜いた記事でお伝えしようと思った次第です。

まず、不動産売買における仲介手数料って「宅建業法」で法律で決められてまして「物件価格×3%+6万円」(税別)が「上限」となってます。

「物件価格×3%+6万円」 の6万円ってなんなんだ?と突っ込みたくなりますが、お伝えしたいポイントはこの手数料って受け撮取る事が出来る「上限」なんです。

「定価」じゃないんですよね。←ここが一番私がお伝えしたい点なんです。

じゃあ、なんで私たちは仲介手数料が最大無料で仕事になるのか??

ズバリ言ってしまいますと「売主様から手数料頂くからなんです。」

通常の不動産の取引には、
①お客様
②売主様
③仲介会社が取引にあたります。

仲介会社は 「物件価格×3%+6万円」をお客様・売主様双方から頂けます。

(売主様・お客様から仲介手数料を頂く事を、あまり好きな言葉ではないのですが、「両手仲介」と言います。)

仲介会社はこの「両手仲介」で合計「6%+12万」を上限とした利益が報酬となる訳です。

売主様・買主様から手数料頂く「両手仲介」

では、仲介会社を介さずに売主自社のみで取り扱う「売主につき手数料不要」って言うのは「最初から販売価格に仲介手数料にあたる利益が乗っている」から不要なんですよね。(※会社様によって事情は違いますが、一般的にはそうです。)

仲介ではない分譲会社とお客様との直接取引なので、宅建業法上、仲介手数料は取れないのです。そして最初からちゃんと利益が乗っています。

「仲介手数料不要」ではなくて「仲介手数料はもらえないです。」にお得感を出したのが「仲介手数料不要!」のキャッチなんです。実は別にお得って訳ではないのです。

例えば3,000万円の物件を買う際には上限算出ですと96万円(税別)が掛ります。

このお金があれば新しい生活をスタートするにあたっての転居費用や、家具購入をしたり、システムキッチンに食洗器付けたり、全自動洗濯機買ったり、電動自転車が買えたり、私でしたら娘の教育費として定期預金とかに回したいですもん。

では、多くの仲介会社さんが仲介手数料を「両手」(この両手って言葉がほんとに品がなくて苦手です。。)にこだわる理由って何??って事なんですが、

・高額なフランチャイズ加盟金

・事務所維持費

・単純に利益追求(企業ですからね。)

・集客する際の広告費が掛かる(ここが一番のウエイトだと思います。)

・従業員の給料・歩合給(仲介営業マンって歩合制がほとんどなんですよね。)

主にこれらの理由からだと思います。

ここ熊本でも仲介手数料最大無料でサービスを提供する会社様は増えてきておりますが、私が何でお客様から仲介手数料を頂く事にためらいを感じてしまっていたのかって、上述した理由って「お客様に関係ありますか?」って事なんです。

会社の利益や集客に掛かる広告費も営業マンの歩合もお住まいをご購入になるお客様には関係ないですよね。

会社側の事情です。なので私はいつも自由に取り決めが出来る法定上限価格を「定価の様にお客様にお支払いする事」に申し訳ない気持ちになっておりました。

今でもそう思ってる良心的な営業マンは多いはずです。でもこの事を言うのは暗黙のタブーとされている空気感が徐々に薄まりつつは御座いますが、不動産業界にはあったりします。

そんな経緯で私たちがこれからお客様にお住まいをご提供するにあたり、お客様ファーストを理念とする弊社では、この様な形で、正直にお話しさせて頂き、お住まいをご提案させて頂いております。

ですので、私たちが物件をご提供させて頂く際には売主様側からの仲介手数料を報酬としてお客様にご提供させて頂きます。

中古物件など、一部仲介手数用が売主様から頂けない物件に関しては上限価格の50%OFFでご対応させてい頂いております。

(これは余談ですが、同じ売上を達成するには倍の働かなきゃいけないんです。
そこはこのサービスを始めた責任があります。頑張ります。はい!)

では、それなら「売主様から直接買えばいいじゃん」って事になってしまうのですが、私たち「仲介会社」の存在する私が思う大きな理由として「お客様の味方」になる事なんです。

「安心して買って間違いのない物件か?」

お客様が気に入ってお話を前に進めたいなと思われましたらしっかりと客観的に調査致します。

売主様の評判・各法令に準じた物件調査・物件の瑕疵保険の有無・物件にトラブルがあった際の保証の有無なんかを綿密に私たちは調査します。

これは突き詰めるととんでもなく奥深い専門分野でして、その為の研鑽を私たちは日々重ねております。

万が一、その調査結果でこれはお勧め出来ない物件でしたら明確にその理由をお伝えさせて頂きます。

「安心して買っても大丈夫です!」と第三者としてお勧め出来る物件であればそれは自信を持ってお勧めさせて頂きます。

また、ご購入後の万が一のトラブルの際にも私たちはお客様の側に立ち、売主様にしっかりとしたご対応を頂ける様にサポートさせて頂きます。

どうしても売主様・お客様の当事者同士のお取引となるとお互いの利益の為にぶつかってしまうケース(利益相反)があります。

そんな時にはお客様の味方として私たちはお力になりたいのです。

そして、これは敢えて言いたくないのですが、「安かろう悪かろう」と思って頂きたくないので書かせて頂きますと、私たちの売買スタッフは全員「宅地建物取引士」です。

不動産という複雑な法律の関わる商品に対して無資格者をお客様の担当とする事は会社としてお客様に不誠実だと私たちは考えております。

そもそも資格がないのになぜ不動産という仕事を選ぶのか?
そもそも不動産の仕事をしているのに何で資格を取る努力が出来なのか?

色々と事情はあるにしてもそのお客様にしっかりと安心・安全な取引を担保させて頂く為に必要な資格です。

その最低限の努力が出来ない人の言うお客様に言う誠実ってそれほんと?って私は個人的には思う所です。

(これは余談ですが私は資格は既に取っておりますが、宅建講師をやっておりましたので、毎年、宅地建物取引士の試験を受験してます。宅建業法だけでなく、法律って本当に細かく改正をされるのでこれがかなり実務に役に立っていると実感します。)

つらつらと長くなってしまいましたが、仲介手数料最大無料についてちゃんとお伝えしておきたくて記事にしてみました。

これからお住まいをご購入するのであれば、不要な予算は抑えて、お客様の新しい生活をより豊かなスタートが送れる様に私たちをお役立て頂ければ嬉しく思います!

熊本市を中心に全国の不動産は取扱いが出来ますので、現在、ご検討中の物件、気になる物件が御座いましたら、お気軽にお声掛け頂ければと思います。

是非、お住まいのご購入、ご検討中のお客様は私たちにお声掛け下さいね!

また、今度は中々、分かりにくい不動産業界の仕組み、賃貸物件に関する手数料、住宅ローンなんかにも触れてみたいと思います。

そして肝心の?このサイト更新・記事更新をしている私、境(さかい)の自己紹介がすっぽりと抜けておりましたので、自己紹介させて頂きますね!

それでは引き続き、どうぞよろしくお願い致します!

関連記事