toggle
2020-12-31

「信頼を絵筆に感動をキャンバスに」

すっかりとご無沙汰してしまったブログ更新です。

決してサボっていた訳ではなく、それはそれは怒涛の忙しさで、感覚的には1日が1時間位で過ぎ去る様な日々を送らさせて頂いており、すっかりとご無沙汰してしまった次第で御座います。(言い訳)

弊社、株式会社柏田洋服店は昨日で年内の営業を終了しておりまして、
本日、2020年12月31日大晦日、今年1年を振り返りながら、この投稿を書いております。

いつかは覚えておりませんが、渋谷のスクランブル交差点で

「まいったな2020年」

の言葉に共感の声が上がった!的な記事を拝見しましたが、まさにそんな一年だった。と総括しても良いのかも知れませんが、スーパーポジティブ人間の私は全くもって「まいった」という感覚には至っておらず、むしろ「前代未聞の疫病」とのサバイブを乗り越え、この大晦日に家族で普段通りに過ごせる事に、感謝の気持ちで溢れております。

私、境(さかい)的に「まいったな2020年」を言い変えますと、

「あれ?毎日楽しいぞ。自分がオカシイのかな?2020年」

なんか上手い言葉が見つからず、いまいちしっくりこないのですが、
2020年最後の日、そんな気持ちで過ごしております。

そして実際に私はオカシイのでしょう。

今、そう思えるのも、この「海の物とも山の物とも分からぬ異端児」の私、境(さかい)にいつも寛容なご理解と心強い支えを頂ける弊社の代表を始め、弊社のお取り引き様、地域社会の自治体様、そして何よりも弊社を支えて頂いております、お客様に心から御礼を申し上げます。

この場を借りまして、本当にありがとう御座いました。

コロナウィルスによる見えない恐怖との戦いから始まり、オリンピック需要を見込んだインバウンド政策誘致と金融量的緩和によるアベノミクス経済の崩壊(日経株価は相変わらず好調の様ですが)、そして現在も続くいつまで続くか分からない疫病との戦い。

決して全てがポジティブな状況では御座いませんが、弊社ではその中でも、新しいチャレンジが生まれ、明日から始まる来年、早速、新しいチャレンジが待っております。

「日進月歩」そんな2021年が始まろうとしております。

ですが、アントニオ猪木さんの言葉を借りれば来年1年、どんな苦難が訪れようが「元気があればなんでも出来る。」です。

個人的には「どんと来い」で御座います。

そしてアントニオ猪木さんに続き、結びにアフリカの大好きな諺を引用させて頂きます。

「If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together. 」

(早く行きたければ一人で行け!遠くに行きたければ皆んなで行け!)

「未来永劫」来年2021年も熊本の地域繁栄の皆様のパートナーとして弊社をお引き立て頂ければ幸いで御座います。

そして弊社は2021年は1月4日から全力研鑽営業開始となっております。

来年も株式会社柏田洋服店をどうぞよろしくお願い致します。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

as a token of our trust into a paintbrush, and we draw impressing emotion on canvas! thanks2020 ! and for all !!

関連記事