toggle
2021-02-21

私事ではございますが。

2021年2月21日・日曜日。

皆様いかがお過ごしでしょうか?春の気配を感じる気持ちのいい午後ですね!

皆さま、どうぞ健やかにお過ごし下さね!

さて、タイトルの私(さかい)事ですが、先日、弊社66期の期末会議・67期に向けた経営計画・事業予算の会議がございまして、その際に大変光栄な事に「売買部門売上トップ賞」の表彰を頂く事ができまして、本日はそちらについて。

私(さかい)は、6月に妻の実家のある熊本にやって参りまして、弊社には9月中旬に入社させて頂いた新入社員で御座いまして、在籍は6ヶ月目になりました。

「自分で言うな!」

という話では御座いますが、誰も伝えてくれないので、仕方なく自ら話します笑

私の自己紹介の記事でも書かせて頂いておりましたが、私は1980年生まれのいわゆる「松坂世代」でして「転職をする」となりますと、大変に勇気のいる決断となります。

(しかも仕事の繋がりのある東京ではなく、九州・熊本でとなると本当にプレッシャーでした。)

私たち同世代の皆さまですと共感頂けると思うのですが、この年代に差し掛かりますと中間管理職の立場になり、在籍していた会社ではある程度の融通も利くようになり、仕事もひと通り経験、整理・ルーティン化され重要な仕事も当然にありますが、大変な事といえばもっぱら「社内政治」といったところでしょうか笑

そんな年代の私たちが、人間関係・実績・信用の積み上げを新しい会社でゼロからリセットとなると、中々「シンドイ」事です。

人間関係・役割・スピード感・社風・神奈川から来た私に至っては風土や地理にも少し苦労致しました。全てゼロからです。

その中でこの様な光栄な表彰を頂けたのは、私の様な異端児を受け入れてくれた会社の仲間達、弊社代表、何よりも弊社をご支持頂いたお客様のおかげで御座います。

胸を張って「パパお仕事頑張ったよ!」と娘伝えられます。

いつも私を支えて下さる皆さま、本当にありがとう御座います。

これからも弊社の理念あります「地域社会への貢献」と家族に誇れる仕事が残せる様に「お客様第一主義」を貫き、研鑽を積んで参りたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

「お客様第一主義」というキーワードが出て参りましたので、ここから、改めて具体的に私たちのお客様第一主義とは?について、本日は2点書かせて頂きます。

①私たちは不動産のご購入の際には「仲介手数料は最大で無料」でご案内させて頂いております。

詳しくは過去のこちらの記事をご参考下さいね!

仲介手数料程、新しい生活を迎えるにあたって「勿体ない」お金はないと思っております。

3,000万円の物件を購入すると96万円(税抜き)が上限となるのですが、これを払うなら、お子様の将来へ向けた貯蓄、奥様の家事のご負担を減らせる様に食洗器や全自動乾燥機やインテリアなどに充てて頂いた方がいいという思いで弊社では購入時の仲介手数料は最大で頂かずにご紹介させて頂いております。

②次に私たちは不動産のご売却時には「双方代理」は行いません。

どういう意味かと言いますと、

「なるべく高く売りたいお客様」「なるべく安く買いたいお客様」

この利益相反するご要望の間に入る事は致しません。

不動産購入の際に関しては弊社の仲介手数料を頂かずに利益を削ればいいのですが、一般の売主様、買主様の場合ですと中々そうもいきません。

完全に利益相反となり、売買価格の交渉だけでなく、万が一トラブルがあった際にあなたは「どっちの味方するの?」となってしまいます。

そういった矛盾を無くす為にも、私たちはご売却のご依頼の際には「立場を明確にする事」によって売主様の利益を最大限、引き出し、保護出来る様にお引き受けしております。

その他、不動産業界は様々な矛盾点が少なくなく、残念ながら「クライアントファースト(お客様第一主義)」とはいえない実態が多々御座います。

(例えば賃貸物件を所有されておりますオーナー様ですと、月額の管理手数料の他にADという名の広告料ってお支払いになってませんか?入居して頂ければ管理会社も管理手数料が増えてウィンウィンなのに何でプラスしてそんな余計なお金を支払う必要があるんだろうと常々不思議に思っております。)

そういった矛盾点を弊社では取り払い「お客様第一主義」を貫く事に依って永続的な地域社会への貢献に努めて参りたいと考えております。

何かご不安な点や疑問に思う事があれば遠慮なくお声掛け下さいませ。

そして私(さかい)も来期もこの様な光栄なご支持が頂ける様に努めて参りますので、どうぞよろしくお願い致します!

次の記事では新しくオープンするレンタル・シェアスペースについての記事となると思います!

それでは!

関連記事