toggle
2020-10-21

自己資金0円でお住み替え?

私の愛読誌のCasaです。

現在、お住み替えをご検討になられているお客様に柏田洋服店からのご提案です。

「ご家族の面倒を見なくてはならなくなった」

「もう少し落ち着いた環境に住み替えたい」

「子供も独立して広すぎるかな?」

「利便性の良い場所に移りたい」

「お仕事の転勤」(私が以前、ホテル業をしていた際に某大手旅行会社さんの担当さんで何人もこういった方いらっしゃいました。「家買うと転勤・しかも遠方(海外含)」。。

家買うと「辞めないから」がその理由にあるみたいですね。本当に笑えません。

でも皆様、ご家族の為に単身赴任されておりました。特に懇意にさせて頂いておりました、J〇Bの下〇様、〇崎様、H〇Sの〇崎様、〇〇ホリデーの小◯様、皆様元気でしょうか?機会がありましたら連絡しますね!またランチしましょう!)

お住み替えの動機がお客様それぞれのご事情があるかと思います。

そんな際には私たちに是非、お声掛け下さい。

いくつかの方法でご提案できます。

1,現在のローンを持ったまま、お住み替えの購入物件を見つけて、住宅ローンを組む。そして新居に移ってからじっくりと売却をする。売却ができましたら、お住み替え前の住宅ローンを抹消する。

2,現在のお住まいを私たちが買い取らせて頂き、その資金で現在の住宅ローンの残債を抹消してお住まいを購入する。

3,現在のお住まいを賃貸住宅として貸し出し、資産として持ち続け、新しいお住まいをご購入する。(この場合、空室リスク等もあるので、慎重に収支をご提示させて頂きますね。)

4,現在のご自宅を売却してから新しいお住まいをご購入する。

大まかですが、この4パターンになるかと思います。お客様のご事情でどのパターンでお住み替えを進めていくかはよくヒアリングさせて頂き、慎重に決めていければと存じます。

では、タイトルの「自己資金0でお住み替え?」

ですが、上記の例であてはめますと、

2,現在のお住まいを私たちが買い取らせて頂き、その資金で現在の住宅ローンの残債を抹消してお住まいを購入する。

のパターンとなります。この場合、私たちが買主となる為、不動産売却時に掛かる「仲介手数料(物件価格×3%+6万円)」は掛かりません。

そして私たちに購入をもお任せ頂けましたら、ご購入の際の仲介手数料も「最大無料」でご提供させて頂きます。

・仲介会社を通した場合の価格:2,800万円
その場合仲介手数料は90万円(税別)となりますので、仲介手数料控除後の受取金額は2,710万円となります。

①そして新しくご購入される物件価格:4,000万円だった場合、
私たちは「仲介手数料最大無料」ですので、通常掛かる仲介手数料126万円(税別)は掛かりません。

そう致しますと他社様でお住まいの売却をした場合、

「売却時の手数料96万円+購入時の手数料126万円=222万円(税別)」

が掛かってしまいます。そして、仲介で売却をする場合「いつ売れるかわからない。。」と希望の物件が見つかっても足踏みしてしまうケースも出てきてしまいます。(買い先行と呼ばれる、売却前提で銀行が残債も含めてローンを組ませて頂ければ大丈夫ですが、仲介で売るってなかなか時間も気も遣うんですよね。実際に住んでいらっしゃるお住まいにいらっしゃいますので

上記はあくまで一例なのですが、私たちで現在のお住まいを買取りさせて頂いた場合、 トータルで見て頂きますと、「222万円(税別)お安くお住み替えが可能となります。」

更に、「仲介で市場に流通されるよりも時間も気も遣わず」に、物件探しに集中して、「いつ売れるか売れないか?」等のご心配事やご不安事が少ない状態で、スムーズに新しい生活へのお手伝いが出来ればと思っております。

「お客様でしたら、この222万円、何にお使いになりますでしょうか?」こんな風に私たちの「仲介手数料最大無料」サービスをご活用頂きたいのです。

ご売却、ご購入とお任せ頂く訳ですから、私たちも売却の査定では他社様よりも高く、「残債が抹消出来き、新居の手付金や諸費用分を賄える」査定を目指してご提案させて頂きたいと思っております。(ここは頑張ります!)

売って・買ってですと中々、手間が掛かると思われ、実際にそうなのですが、お客様のお住み替えがスムーズに進められる様に、精一杯頑張らさせて頂きますので、お住み替えをご検討のお客様は是非、お気軽にお声掛け頂ければと思います!

また、売却の際のお手伝いも力を入れて取り組んでおりますので、ご売却の査定、買取の査定のご依頼もお気軽にお声掛け下さいね!

関連記事